二重になるためにはどのような整形をすれば良いのか

パッチリの二重はそれだけで明るい印象、かわいらしい印象になるので顔全体を左右します。ただ、実際に多いのは一重や奥二重、幅が著しく狭いケースが多く、目元を気にする方は多いです。そのため、数多くの暫定的に二重にするアイテムが人気で、それを毎日のように使っている方も多いです。しかし、それは瞼の皮膚にも負担になってしまうこともあれば、時間や手間がかかってしまうのに、洗顔後はいつもの自分に戻ってしまうというデメリットもあります。そのため整形を考えている方、さらには実際に挑戦して、心配なく生まれ変わった生活を楽しんでいる方も増えています。しかし、整形はあまり身近に経験者がいなくて不安もあるという方も多いです。では、どんな整形が行われているのか見てみましょう。

メスを入れない手術の埋没法もあります

手術というと大切で敏感な目の周りにメスを入れるのが怖い、躊躇するという方もいるでしょう。そんな方にはメスを入れない埋没法があります。この方法では専用の針と糸を使って、まぶたの皮膚を二重に形作っていくので、皮膚を切る必要はありません。使う糸も人間の皮膚の中で問題ないもので、時間とともに一体化してくるので安心です。手術自体は瞼を2点で止めるだけなので短時間で済みますし、目の腫れや手術後のケアなども少なくて済むので普段の生活に支障があまりないのもメリットです。パッチリの目元にはなりたいけど、メスを入れてまではと思っている方にピッタリです。皮膚を糸で固定してまぶたに折れ線を作るので、まぶたの皮膚の厚さなどによって施術も異なってくるので事前によく医師と相談しておくと良いでしょう。また、糸が一体化してくる何年後かには幅が最初より狭くなる可能性もあります。

しっかりと固定してしまいたいなら切開法

自分のもとからの目のようにしっかりと固定してしまいたい、幅をしっかりとさせたいというときには切開法があります。この方法ではメスを入れますので、まぶたの周りが数日は腫れたり、術後のケアも大切です。まぶたの皮膚を一部切ることでラインを作りますので、半永久的に維持できます。また、当時に余分な皮膚や脂肪を取り除くこともできるので、まぶたが厚い方にも向いています。瞼の状態も調節できるので、より理想に近づけることもできますし、様々な方に対応できる方法でもあります。切開法だとより細かい部分も調節できて、ずっとラインをキープできるので安心ですので、長い目で見ると手間を省くことにもなります。ただ、目の腫れが続くので、それをカバーできる環境を整えておくことも大切です。

お支払い方法も現金やカードなどお客様のご都合に合わせた形で対応していきます。 理想の追求と共にストレスの少ない施術を感じて頂けます。 痛みが少なく効果が高い医療脱毛もご用意しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 施術後のアフターケアにこそ大切にしっかりと対応しております。 もとびアイプラチナムという、メスを使用しない究極の二重術をご用意しています。 ばれない二重の整形はもとび美容外科クリニックがおすすめです

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし