実際に二重の整形を行なう際に注意しなければならない事

まぶたに関する悩みを持つ女性は少なくありません。少しでも綺麗な二重まぶたになりたいと、のりやテープを使って理想のまぶたに近づける人も多くいますが、これらの方法はまぶたに負担をかけてしまい、たるみの原因となってしまう事があります。本当に綺麗な状態を目指すのであれば、整形を考えてみる事がおすすめです。それによって自然でとても綺麗なまぶたにする事ができます。更に、施術が完了した後は、常に良い状態が続く為、メイクの時間の短縮に繋がる等のメリットもあります。ただ、実際に施術を受ける場合には、いくつか注意をしておかなければいけない事があります。それが施術後にまぶたが落ち着くまでの期間と、施術の効果が持続する期間です。施術前にはこうした期間を意識しておく事が大切です。

施術後のまぶたが落ち着くまでの期間

まぶたを二重にする施術の施術を受けた後、しばらく腫れや内出血が続く可能性が高くなります。現在人気となっている、切らずに糸でとめるだけの埋没法であれば、まぶたへの負担も少なく腫れたり内出血が起きたりする事もないのではないかと考える人もいますが、それでも施術直後は腫れや内出血が起きやすくなります。腫れや内出血がある状態で人と顔を合わす事に抵抗を感じるという人も多いでしょう。特に整形をした事を気づかれたくない場合、腫れや内出血が落ち着くまで人と顔を合わさない方が良いでしょう。その為には、埋没法であっても、施術後、最低3日は休める状態を作っておく事がおすすめです。それによって、人と合う時には、腫れや内出血が落ち着いた状態になっている可能性が高くなります。

良い効果が持続する期間について

整形で二重まぶたを作れば、一生綺麗なまぶたでいられると考える人は少なくありませんが、半永久的に効果が続く施術と、一時的な施術があります。ですから、事前にしっかりと考えて選ぶ事が大切です。半永久的に続く施術は、まぶたを切る切開法です。すっきりとまぶたに仕上がりやすいという特徴がありますが、費用はややかかり、落ち着く前の期間も長くなります。手軽に行う事ができる埋没法の場合は、施術自体が短時間で終わるというメリットがありますが、糸が外れれば元に戻ります。ですから、効果は半永久的ではありません。ただ、糸を外せば元に戻るという事は、下のまぶたに戻したいと考えた時に、すぐに戻せるというメリットに繋がります。施術を受ける時には、施術の特徴を理解して、最適な方法を選ぶ事が大切です。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし